健康な歯のために!歯科はできれば定期的にいきたい!

歯科で行うこととは何があるか

歯科で行うことといえば歯の治療です。歯が痛くなってしまったり、違和感を感じたりすると虫歯の可能性があるため歯科に行って治療してもらいます。他にも歯並びが悪かったりすると矯正してもらえたり、歯を美しく白くするためにホワイトニングを行ってくれたりします。他にも正しい歯の磨き方などを教えてもらうことができます。毎日きちんと自分でケアすることはとても大切なので、正しいやり方を教えてくれるのは、助かります。

痛くなったら行くものから、定期的にいくものへ

歯科といえば、痛くなったら行くという感覚がありますが、健康診断と同じような感覚で、できれば定期的にみてもらい、新しい虫歯などができていないかをチェックしてもらうことがおすすめです。たまった歯石などを取り除いてくれるので、より健康的な歯を保つことができます。半年毎は面倒だとしてもできれば一年毎くらいにはチェックしてもらいにいきたいものです。自分の健康と口の健康は大きなつながりがあります。どちらの健康も保ちたいものです。

こんなにもある!歯科の多様性

最近ではいろいろな歯科のタイプがあります。サービスなどでおこなってくれているところもあります。たとえば自力で歯科に行けない人のために、自宅まで訪問してくれたり、送迎を行ってくれるものがあります。施設などに出張サービスしてくれるところもあります。また小さな子供をかかえているお母さんのために、託児施設があるところもあります。子供がいるとなかなか自分の歯のことはないがしろになってしまいがちですが、託児があると治療をうけやすくなります。

根管治療とは歯の根の治療のことをいい、神経や血管や管の壁の部分をきれいに掃除して消毒することをさします。