詰め物が左右する!?目立たない虫歯治療とは

セラミック製の詰め物のメリット

虫歯治療を行った痕跡を目立たないようにするためには、詰め物を自然な色合いのものにするのがお勧めですよ。最も代表的なのが、セラミック製の詰め物です。これは陶器でできている詰め物で、自然な見た目になる上、金属アレルギーがある人でも使えるのがメリットです。また、汚れが付着しにくいので、時間が経っても変色しにくいのも魅力ですよ。ただし、保険の適用外なので、治療費が若干高めになることは留意しておきましょう。

ハイブリッドインレーのメリット

セラミックとプラスチックを混合して作られる詰め物が、ハイブリッドインレーと呼ばれるタイプです。このハイブリットインレーは、先述のセラミックインレーに比べると柔らかめで、自分の歯と馴染みやすいというメリットがありますよ。物を噛んだときの感触も固すぎず、歯に負担がかかりません。その一方、材質が柔らかいため強度が落ちるという面もあります。使っているうちに劣化してくる可能性もあるので、定期的な検診が必要となるでしょう。

プラスチック製の詰め物のメリット

虫歯治療後の詰め物には、歯科治療用のプラスチックが使われるケースもありますよ。色合いも自然の歯に近いので、見た目の面でも全く問題はありません。プラスチックの詰め物は、耐久性ではセラミックなどよりも劣ります。しかし、治療にかかる時間が短く、修復も比較的簡単に行うことができます。また、金属アレルギーがあっても問題なく使用可能です。この詰め物には保険が適用されるので、費用が安くて済むのもメリットだといえるでしょう。

オールセラミック」は素材がセラミックだけなので、金属アレルギーを起こしたり歯茎の黒ずみなどの心配がありません。