わきがは病気ではない!?昔からある人間の機能

わきがという概念がない人種も

ワキから独特の嫌な臭いを発するのがわきがです。日本ではあまり好まれない症状ですが、実は国によってはわきがという概念すらないところも多いのです。わきがとはアポクリン汗腺から出る汗と皮脂が混ざって酸化することで発する臭いです。日本人にとってこの臭いは不快ですが、実は臭いに関して何も感じない国もあるのです。というのはほぼ全員がわきがだから、それが普通となっているのです。それに対して日本ではアポクリン汗腺が発達している人が少ないので、わきがという概念が生まれたのです。

わきがをどうにか治したい

日本人にはわきが割合は少ないので、この臭いが鼻につき、嫌われる傾向にあるのです。そのため臭いの解消のために様々な治療法が開発されてきました。臭いの大元のアポクリン汗腺自体を取り去ってしまう方法が最も古典的です。ただ、脇の下を切るため、跡が残りますし、術後の圧迫が必要など意外と大変です。それに完治しても再発の恐れや他の部分の臭いがきつくなるなどいくつかの問題点があったため、かなり重度でない限り、切り取る方法は実施してきませんでした。

わきがを治す方法は意外なところにあった

わきがを治すにはアポクリン汗腺を取り去るしかないと思っていませんか。もちろんアポクリン汗腺がなければ臭いは出ませんが、ここで気付いてほしいのが分泌される汗の質を変えればいいということです。アポクリン汗腺から出る汗は、通常のエクリン汗腺から出る汗とは違って、タンパク質や脂質などの物質が多く含まれています。こういった余計な物質が多いため、皮脂と混ざると嫌な臭いを発するのです。つまり、この汗の質を変えるように、和食中心の食事に改めることで、びっくりするほど簡単にわきがが治るのです。

わきがの臭いなどで悩みがある場合にはクリニックなどで適切な治療をすることで、症状の改善が目指せます。